「真っ赤に腫れた顔が、心のデトックスで治りました」

こんにちは、山﨑理恵、通称みりえです。

個別密着JUKU6ヶ月コースを終わられたWさんから、長い長いご感想をいただきました。

「私のように苦しんでいる方のために、掲載してください」
というお言葉に甘え、掲載させていただきます。

顔が、真っ赤に腫れあがる

1,薬で治らない

Wさんは、30代前半のOL。
一流大学を出られ、大手企業に勤めています。
いわゆる、バリバリに働く、キャリアレディ。(写真、イメージです)

a43c687fa366307245ea35b52846fd6b_s

ところが、急に顔が真っ赤になりました。
もともと、アトピー体質でしたけれど、大人になって、これほどひどくなったことは、ありませんでした。
ステロイドを使うのは嫌でしたが、会社に行くために、しかたなく使い、なんとか抑えました。
けれど、じょじょに薬が効かなくなり、文字通り、真っ赤に腫れ上がってしまいました。

とても人前に出られる状態ではなく、休職。
治るだろうかという不安で、マンションで1人、落ちこんでいました。

33a02441144b7df6db7f15395caa421c_s

けれど、持ち前の努力家、デトックス方法を自分で調べて、薬をやめて、いろいろ研究し、実践しました。
食べ物は、材料を吟味して、すべて手作り。
シャンプー剤や洗顔剤も、ネットで調べまくりました。

そんななか、私のブログで、シャンプーを使わない、洗顔料を使わない、という記事にたどりつきました。
こちら↓
髪を洗いすぎずに、薄毛、白髪を改善する~卵白洗顔のすすめ

それを実践すると、少しよくなりました。
けれど、まだまだ、人前に出られる状態ではありません。

その記事の最後にあった、心を整えることが大切、という文に、ひっかかっていました。
そして、ワラにもすがる思いで、密着個別JUKU6ヶ月コースを受けてくださいました。

2,これまでの心を洗いだす

密着個別JUKUでは、とにかく、科学物質を絶っていただきました。
もともと、ご自分で研究され、食事はオーガニック、洗髪も洗顔も、良い卵の卵白を使ってらっしゃいました。
そこで、洗濯洗剤を、石けんゆらいの無添加のものに変えていただき、食器は食器洗い器を使われていたので、鍋などを洗うのに、純石けんを使ってもらいました。

外側はそのように気をつけていただき、Wさんご希望のとおり、心を洗いだすことにしました。
ひどい時には、スカイプでやりとりをし、少しよくなりだしてからは、個室で面談しました。

長い、ご感想です。

wさん
本当に長い6ヶ月でした。
「ありがとうございました」、そんな言葉では、伝えきれません。

私が、こんなにも、頑張らずにはいられない状態に陥っているとは、思いもしませんでした。
『もう休んでくださいと、身体が悲鳴をあげているんです』

そう言われても、納得できませんでした。
頑張ることは、いいことですよね?って。
それが、私にはあたりまえのことでしたから。
頑張らない人たちが、嫌いでした。弱音を吐く人たちが、嫌いでした。

だからこそ、強制終了された、なんて、納得できませんでした。
それでも、実際、顔がこんなふうに真っ赤に腫れあがってしまえば、会社に行けません。
ほんとに、強制終了されていました。
強制的に、休まされていました。

私の父は、いばっているタイプで、母は、それに従っていました。
いつも1番を要求され、学年でダントツで1位、という時だけ、ほめられました。
クラスで100点が2人いる、という100点では、ほめられないんです。

兄も同じようにされていましたけれど、高校受験で失敗してから、家に帰らなかったり、学校に行かなかったり、時には暴れたりしていました。
結局、たいした大学にはいけず、就職も、地元の会社に、父のコネで入りました。

父の期待は、全部、私にきました。
母も、私に期待していました。

私は、兄をバカにしていました。弱すぎると思っていました。
でもみりえさんと何回もお話しているうちに、本当は、うらやましかったんだと思いました。
期待の道を降りてしまった兄が。
暴れている兄が。

でも私は、そうできませんでした。
「ああなるな」と、いつも言われていましたから。

私が頑張るしかない、と、なぜか鋼鉄のように思っていました。
子供の頃からの教育って、怖いですね。
もうずっと、それが私のあたりまえになってしまっていました。

いつもいつも、頑張っていました。
大学に入ってからも、いいところに就職するために、遊ばずに頑張っていました。
会社に入ってからも、男性に負けないよう、必死でした。
残業も、夜遅くまでやり、家でも仕事をしていました。

ふり返ってみれば、身体が悲鳴をあげても、しかたのない生活でした。
ゆっくり休む、のんびりする、なんて、私のなかにはない言葉でした。

みりえさんがよく言っている、「ぼう~っとする」なんて、どんなことなのか、想像もできませんでした。
ただぼんやりしましょうって言われても、一生懸命、ぼんやりしていました(笑)。

初回で、こういう私の心の構造を、ずばりと言われて、その時は納得できませんでしたけれど、本当は、わかっていたような気もします。

身体が悲鳴をあげ、こうしてみりえさんにたどりついたことで、
「心身ともに、のんびり、力を抜きましょう」
ってことだったんだと。

「つらいでしょうけれど、顔の腫れを、治そうとしないでください。
ただ、半年はのんびり休むんだ、と覚悟を決めてください」

半年も休んでいられない、って、何回も抵抗しました。
はやく顔を治して、復帰しないと、って。

「根本から、治したいんですよね?
はやくはやくと、急いで治せば、今は治ったとしても、また、出てきます。
いったん、顔を治すのを、あきらめてみてください」

正直、イラっときました。
高額払っているのに、あきらめろって何よ、って。
だまされたのか、とも思いました。

でも、そのくらいの気持ちになることが、必要だったんですよね。
私はあまりにも、効率や成果を求めすぎていたので。
そのなかで、私が悲鳴をあげていたのに、あんなに顔が真っ赤に腫れ上がっても、それを認めたくありませんでした。

少しずつ、良くなりだしたのは、不思議ですけれど、
「治んなくても、いいか」と少し思い始めてからでした。

焦りが出てくることがたくさんありましたが、そのたびに、お話を聞いてもらえて、「こうなってますよ」と、心の状態の構造を示されたことが、私の支えになりました。

みりえさんに出会えなかったら、今も1人でもがいていたと思います。
本当に、感謝しかありません。
伝える言葉がなくて、もどかしいです。

ご感想、ありがとうございました。
Wさんが、より良きほうへ歩まれたこと、本当に嬉しく思っています。
これからも、心から、応援しています。

3,まとめ~これまでの生き方を見直すサイン

身体の不調、心の不調は、「これまでの生き方を見直してください」という、サインです。
ネガティブにとらえず、良い生き方への転機、ととらえてみてください。
実際、皆さん、不調や問題を転機に、良い方向へ転換されています。

心を整えても、必ず身体の不調が治る、という保障はできません。
ただ、心と身体は、心と人生は、密接に関わっていると、私は実感しています。

 

ライン@では、無料でご相談いただけます。
ID: @jwq8572c  で検索できます。@忘れずにね。
友だち追加

こちら、コンサルです。人生・起業相談、どちらもできます。↓
どのコースがいいのか、無料で30分ご相談できます。全国対応
人生が劇的に変わる、作家のアルケミィコンサル

o0480033813771661619
The following two tabs change content below.
作家(別ペンネーム)。起業・人生の悩みを解決するコンサルタント。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら

ABOUTこの記事をかいた人

作家(別ペンネーム)。起業・人生の悩みを解決するコンサルタント。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら