女性起業家どうしのトラブル:泣きたくなっても、「それでもやる」~無料相談

こんにちは、山崎理恵、通称みりえです。

ライン@に、ご相談いただきましたので、こちらで回答させていただきますね。

女性起業家どうしのトラブル

1,「自分だけ目立ちすぎ」と、悪口を言われる

起業して、10ヶ月になります。
ある女性と、一緒にお茶会をやったのですが、「自分だけ目立ちすぎ」と言われてしまいました。

「そんなこともなかったように思うのですが、私のサービスにだけ、お申し込みが入りました。

その後、フェイスブックで彼女の記事にコメントしても、私だけスルーされ、影で悪口を言われていることもわかりました。
これから、イベントなどで顔を合わせると思うと、憂鬱です。
そんなこともあって、やる気がなくなり、ブログやフェイスブックも、止まってしまいました。」

はい、こういうことは、よくあります。
本当に、よくあります。

似たようなトラブルは多く、コースや密着個別JUKUのクライアントさんたちが、私のところに来てくれる理由の1つとして、他の女性起業家さんたちとおつきあいせずにすむ、ということがあります。

コミュニティの人間関係に悩むことも、本当に多いんですね。
へんなヒエラルキーができているところもあって、できる人は、「目立つ」と叩かれることもあるんです。

また、コミュニティのトップやトップ2を、へんに持ち上げないといけない雰囲気があるところも、あります。
できる人は、ゆがんだコミュニティですと、トップやトップ2に嫌われる傾向があったりします。

コミュニティでなくても、他の女性起業家とトラブルになることは、ほんとに多いんです。

2,バリバリの女性起業家に、幸せ系の人が邪魔扱いされることもあります

こういうことも、多いです。
起業をやり初めの時には、まだ起業マインドがしっかりできていないことが、ほとんどです。

もともと、バリバリやれる人はいいのですが、家族の幸せ、自分の幸せに比重を置くタイプの人は、そうそうバリバリにはやれません。

たまたま、バリバリの人と組んでしまって、幸せ系の人が、邪魔扱いされてしまうことも、あります。
それで、一挙に自信をなくしてしまいます。

回答~泣きそうな気持ちを受け入れながら、「それでもやる」

1,泣きたくなる気持ちは、よくわかります

起業したら、人間関係のいざこざから自由になれると思っていたのに、同じような問題に、悩まされていますよね?

こんなはずじゃ、なかったのに。

仕事先、パート先、ママ友、ご近所、親戚、そこでもいろんな問題があるのに、自由に豊かになるつもりだったのに、さらに問題が増えてしまう、ということがあります。

女性起業家どうしのちょっとしたトラブルで、起業につまずいてしまう人は、思っている以上に多いのです。

ご相談は、こう続いています。

自分が甘いのは、わかっているんですが(^^;)
それでも、苦しくなってしまって。どうしたらいいでしょうか。
すみなせん。よろしくお願いします。

だいじょうぶですよ。
テンさん(とお呼びしますね)だけじゃ、ありません。

「苦しくなってしまって」、と、泣かれたクライアントさんは、多いんです。
よくわからない起業の世界にやってきて、一生懸命まわりに合わせようとして、がんばってきましたよね?
苦手なPCにも、取り組んできましたよね?

そんななかで、女性起業家どうしでトラブルが起こると、思った以上に、ダメージを受けてしまいます。
みんなが仲良くやっているように見えれば見えるほど、自分だけうまくできないように、思ってしまいます。

あなただけじゃ、ありません。
本当に、多いんです。

2,泣きたくなる気持ち、へたれてしまう気持ちは、受け入れましょう

そういう気持ちは、がまんしなくて、いいんです。

「泣きたいよねえ~」
「へたれるよねえ~」

と、受け入れてあげてください。

泣き虫でも、いいんです。へたれでも、いいんです。
無理して、弱い自分を抑えなくて、いいんです。

こちら、参考記事です。↓

不安でつらい時、焦ってしまう時、家事でマインドフルネス瞑想

2016.11.17

でね、「それでも」、なんです。

3,「それでもやる」

もしあなたが、起業をうまくいかせようと思うのなら、「それでもやる」んです。

別に、起業だけが素晴らしいわけでは、全然ありません。
やりたくなくなったのなら、やらなくて、いいんです。
ちょっとやってみて、合わなかったから辞めた、で、いいんです。

それで、人生の失敗者、なんてことは、全然ありません。
起業で成功しているようにその時見えても、人生の失敗者っていう人は、実はたくさんいますから。

でも、もしあなたが、やりたいのであれば、泣きながら、「それでもやる」んです。

私も、あまりの仕事量に、書き表すのが難しいステップメールを引き受けてしまうと、
「ひいぃぃ~(泣)」

って、泣きたくなる時が、ほんとにあります。

でも、それでもやります。
私は、自由に生きることを、選んでいるからです。
22歳から起業している私にとっては、自由に生きることが、とにかく性に合うからです。

結婚で、外野にあれこれ言われるほうが、性に合わなかった(^^;)

自分が活かせる場をみつけることが、1番です。

こちら、関連記事。↓

あなたが活きる場を探す、創ることが大切~起業女子の心得②

2016.12.14

ここが合う、ここで自分を活かす。
そう決めたのなら、泣きながら、それでもやる。

その積み重ねが、あなたが手に入れたい人生を、あなたにもたらします。
見た目、優雅に見えても、自分を活かしている人は、皆さん、やることはやってます。

その場が、起業であっても、お勤めであっても、家庭であっても、趣味であっても、自分に合うところで、自分を伸ばし続けていく人生が、幸せな人生だと、私は思います。

無料相談は、こちらから。↓
ライン@では、人生、ビジネス、無料でご相談いただけます。回答はブログになります。
ID: @jwq8572c  で検索できます。@忘れずにね。
友だち追加

自分を生きる起業は、こちら。密着個別JUKU(1対1)は、3月募集埋まりました。4月生募集。
コース、単発は、いつでも受け付けています。↓

起業される方、副業の方にお勧め。クリックしてね。↓

The following two tabs change content below.
作家(別ペンネーム)。起業・人生の悩みを解決するコンサルタント。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

作家(別ペンネーム)。起業・人生の悩みを解決するコンサルタント。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら