姑は、老害にほかならない~自立というもの

こんにちは、山崎理恵、通称みりえです。

あれこれ言われそうなタイトルですが、私は、
「姑」ー「嫁」という発想じたいが、老害だと思っています。

まず、姑(舅もそうですが)のなかには、こんなふうに思っている人たちが、
ふつうにいます。

57c7cc69618eba8061a8581baf90dd15_s

「私は苦労して、子どもたちをりっぱに育ててきた。
嫁には毎日、いかに子育てが大変だったか、息子がりっぱかを教育している。
嫁は、息子を立て、息子を育ててきた私に感謝すべきだ。

それなのに、嫁は感覚が鈍いのか、通じない。
長男の嫁として、りっぱに育てなければ、先祖に申しわけない」

 

自分が生きてきた狭い世界を、それだけが正しいと押しつけてきます。
これは、70代、80代の古い世代の人たちだけかと思いきや、あんがい、
若者の親たちも、似たような考えをしています。

「先祖に申しわけない」という気持ちは、ないでしょうが。
そもそも先祖なんて、自分を正当化するために使っているので、
「先祖」でも「親孝行」でも、何でもいいわけです。

自分を正当化し、守ってくれるものだから、声高にその大切さを
説くわけです。

たとえば、私ごとですと、元姑は、「親孝行」「家」「先祖」を
ひきあいに出していましたが、自分の夫の親戚に関しては、
「変わった人たちだから、関わらないにこしたことはない」
と常つね言っていました。

舅は大きな家の長男だったのですが、自分の家に入ってもらっていました。
元姑の論理ですと、夫の先祖に申しわけないと思うのですが。
実際、舅の家は、今、放置されています。

 

つまり、その「正しさ」は、たんに自分を正当化するために、
使っているだけにすぎません。
「先祖」や「親孝行」を出したほうが、自分にとって都合がいいからです。

このように、既存の常識を、自分を正当化するために声高に言い、
若い人を圧殺していくことを、老害といいます。

スルーしていけばいいです。

まともにやりあっても、労力のムダです。
なるべく関わらずにすむよう、対策を練るべきです。

そして、嫁姑問題の場合、親に密接に関わろうとする夫に問題があります。
「親孝行」という美しい衣装をまとっていますが、
たんに自立できていないだけです。

親子がたがいに自立している関係なら、そもそも老害は発生しません。
親側も、「姑」ー「嫁」というシステムを押しつけようとは、思いません。

親側が自立できていなかったとしても、子側が自立できていれば、
うまく対処していくので、やはり老害は発生しません。

また私ごとで申しわけないのですが、私の母は自立しているとは
いいがたいですが、私がうまく距離をとっているので、
かなりいい関係を築けています。
母が私になにか要求することはなく、自然に応援してくれています。

 

もし、あなたが姑の老害に悩んでいるとしたら、
姑だけが問題なのではなく、あなたの夫が、自立できていないからです。
そして、厳しく言ってしまえば、あなた自身が自立できていないから、

自立できていない夫から、自立できないのです。

ということを、私は前の結婚で学びました。

自分がやりたいことを、邪魔される。
それが、猫ならかわいいけれど、老害だとしゃれになりません。

けれど、人のせいではないのです。
あなた自身の問題です。

自分自身が自立していれば、老害や依存関係のごちゃごちゃに巻きこまれる
ことはありません。

これは、姑や舅だけではなく、自分の親にたいしても同じです。
独身でも自分の親の問題で、同じように悩まされている人は、とても多いのです。

私は、親の立場でもあるわけですが、親になると、ほんとによくわかります。

「親孝行」というのが、どれだけ、親にとって都合がいい言葉か、ということが。
本当に子どものことを想えば、「親孝行」などという言葉は、
親側からは、出てきません。

そして、本当に子どものことを想えるためには、自分が自立していることです。

3b3266e76806ea2930efd823a823d808_s

自分が楽しく自分の世界を生きている時、
子どもであろうが、誰であろうが、何かりっぱな言葉で、
誰かをしばろうなどという発想は、1ミリもわきません。

自分も、まわりの人も、居心地よく楽しく暮らしていくには、
互いに、楽しく自分の世界を生きていることだと、つくづく想います。

 

ライン@、よろしかったらどうぞ。無料でご相談できます。回答はブログになります。
ID: @jwq8572c  で検索できます。@忘れずにね。
友だち追加

↓起業されている方、副業したい方にお勧めです。o0480033813771661619

しっかり1対1で見て欲しい方は、こちらです。↓
心理的な問題、ビジネスの問題、ダイエット、若返りなど、見ることができます。
密着個別JUKUが1番人気ですが、ライトなコースもあります。
自分に合うか、どのコースがいいのか、30分~1時間無料相談あります。

The following two tabs change content below.
WORDS c. Life Change アカデミー 学長。WORDS c. 出版 編集長。作家(山崎理恵/浅見理恵)。ラジオ放送(ランキング3位)。著書2冊がアマゾンランキング5冠1位、4冠3位となる。ビジネスコンサルタント・心理カウンセラー・コピーライター。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業成功経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

WORDS c. Life Change アカデミー 学長。WORDS c. 出版 編集長。作家(山崎理恵/浅見理恵)。ラジオ放送(ランキング3位)。著書2冊がアマゾンランキング5冠1位、4冠3位となる。ビジネスコンサルタント・心理カウンセラー・コピーライター。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業成功経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら