「10年セックスレス~夫と離婚するべき?スピリチュアルに頼っても、解決できせんでした」~無料相談

こんにちは、作家、人生・ビジネスコンサルタントの山崎理恵、通称みりえです。
今日で、一月も終わりですね。

元旦に決めた今年の目標、ちゃくちゃくと進めていますか?
意識していないと、あっというまに春が来て、夏が来て、あれ、もう秋が終わっちゃう、なんてことになっちゃいますよ。

長年悩んでいることは、しっかり解決していかないと、人生が悩みで終わってしまいますね。

ライン@での無料ご相談、たくさんいただいています。
ご相談していただくだけで、ご自分の整理になっていらっしゃる方も多いです。

みりえさまに話しただけで、だいぶん冷静さを取りもどしました。
ありがとうございます。
一人で抱え込まずに(決めつけず)、もっと早く相談すべきでした。
みりえさまの過去のblogで、たくさんヒントを頂いています。
ありがとうございます。

ライン@に状況を書くだけでも、現在の状況と気持ちが整理されていきます。
いただいた情報は秘密厳守させていただき、匿名とさせていただいていますので、ご安心くださいね。

無料相談は、こちらから。↓
ライン@では、人生、ビジネス、無料でご相談いただけます。回答は、ブログになります。
ID: @jwq8572c  で検索できます。@忘れずにね。
友だち追加

「10年セックスレス~夫と離婚するべき?スピリチュアルに頼っても、解決できせんでした」~ライン@の無料相談

1,夫はとても穏やかで良い人

主人は44才、私は43才です。子供はおりません。

「一度、今のパートナーと離婚をし、4年間の期間を明け、またやり直せるのではないかと確かめるために、また同じパートナーと一緒に住み始めました。

旦那さんと、もう別べつの道を歩みたいと言う気持ち、でも、とても穏やかでよい人なので、居心地が悪くないと言う気持ち……。
自分の気持ちが、はっきりしません。
ですので、そんな葛藤の気持ちのまま、10年近く過ごしてしまいました。」

仲がとても良いということ。穏やかでよい人で、居心地が悪くない。
何の問題もないように、思えますね。けれど、

2,心がしっくりいかない感覚~その原因は?

心が、シックリいかない感覚を、常に持っています。

その原因は、なんでしょうか?

①10年、ほとんどセックスレス

1つは、体の関係が、10年間ほとんどないこと。

今、奈央さん(仮名)は43歳ですので、33歳から、ほとんどセックスレスだったことになります。
それは、とてもお辛かったでしょう。
心も、不安定になってしまっても、しかたありません。

②聞いても、はっきりした価値観を言わない

1つは、「これどう思う?」と聞くと、相手がハッキリした価値観を言わないことが、いつも引き金になり、心が不安定になります。

3,離婚に踏みきれない理由

「でも、なぜ離婚に踏みきれないのか?
長い間、ずっーと考えてきました。

表面的にはぜんぜん上手くいっていて、長年一緒にいるので、旦那さんは、まさか私が、こんなことを思っているなんて、全く知りません。

セックスレスのこと、心の温度差のこと、何度か話しましたが、伝わっていないように感じます。
じゃあ…あとは自分の判断しかない…と考えると、色々見えてくることがあり、

●きちんと伝えられない自分

●17年も一緒にいるので、旦那さんは孤独な人なので、一人にしてしまうのが、かわいそうと言う気持ちがありました。

(愛情がないわけではないので、また厄介です)」

4,これまで、スピリチュアルに頼ってきたが、解決しない

これまでは、スピリチュアルなどに頼っていたそうです。

相手を変えたら、上手くいくのだろうか?
相手との相性や、魂の繋がりばかりに、焦点を当てていました。

「でも、根本的な解決には全然ならず、視点が違うことに気がつきました。」

5,ブログの過去記事を読み、ご自分でわかってきたこと

ブログの過去記事を読まれ、

みりえさまにblogで解答いただく前に、私なりに色いろ考えてみました。

「●今の状況(体に辛い症状が出ていること)を旦那に伝え、

●どんなに仲が良くても、体の関係がなければもう一緒にいれないこと

●今後どのような関係を築いていきたいか?

自分の意図を伝えました。」

「癒されていない寂しさ、劣等感……、いろいろあります。
旦那ではなく、未熟過ぎる自分を認めて、進みたいと思います。ありがとうございます。」

回答~自分の本音をしっかり伝える、自分の境界線を作る

男性は、はっきり言わないとわからない、伝わらない

奈央さんはご自分でわかり、旦那さんに伝えられていますね。
夫に自分の本音を伝えずに、スピリチュアルに頼っても、相手にはまったく伝わりません。

「何度か話しましたが、伝わっていない」
「旦那さんは、まさか私が、こんなことを思っているなんて、全く知りません。」

この状態では、伝えたことにはなりません。
伝わらないのであれば、伝わるまで話すしかありません。

一般に男性は、女性よりも察することができません。
何も言われない。=何も問題がない。
くりかえして言われない。=たいした問題ではない。

と、考えます。
そして、心の問題にとりくむのが、女性より苦手で嫌いです。
奈央さん自身も、ご自分の心と取り組むのをさけ、スピリチュアルに逃げていましたよね?
男性は、さらに苦手なのです。

男性は、たいていは仕事やお酒、自分の趣味に逃げます。
男性にとっては、女性と話し合う、特に心の問題を話し合うのは、とてもめんどうなことなのです。

泣いてでも、怒ってでも、けんかしてでも、相手にわかるまで、伝えることが大切です。

今回は、しっかり伝えられましたね。

その際、相手は責めない、自分の気持ちを言う

相手に自分の気持ちを伝える時に大切なのは、相手を責めない、ということです。
人は誰でも、責められれば、防御します。
相手の話を聞こうとする前に、防御してしまうのです。

どうしてこうしてくれなかったの!
と責められれば逃げたくなりますが、
こうしてくれなくて、私は悲しかった。寂しかった。
と言われれば、その気持ちが、ストレートに伝わります。

泣いて怒って、けんかして、相手を責めまくると、ますます逃げますし、へたをすると、暴力になることもあります。

責めるのではなく、怒ったとしても、

寂しくて、怒ってる。
というようにすると、いいですね。

男性が、論理脳が強いタイプの場合

男性が、論理脳の強いタイプですと、感情を伝えるよりは、問題点として、伝えたほうがいいでしょう。
女性は苦手な方が多いですが、ここはがんばってみましょう。
奈央さんは、しっかりできていますね。

Aが原因でBの症状が起きているので、Cのように改善してもらいたい。

こんなふうに、原因、現在の状況、改善点、として伝えるといいですよ。
こういうふうに言われるのが嫌な男性もいますので、どちらのタイプか、試してみてくださいね。

で、奈央さん自身の問題としては、

なぜ、きちんと伝えられなかったのか?

本音を言ったら、受け入れられないと思っていませんか?
「本音を言ったら受け入れられない」と、深いところで思っていると、自分の本音を伝えることができません。

こちら、参考記事。↓

「夫から、『離婚してくれ』と言われている」~愛着障害、甘えられないアダルトチルドレン

2017.01.27

ここから逃げて、スピリチュアルを学んでも、悩みは解決しません。

相手は相手、自分は自分~境界線を作る

「相手がハッキリした価値観を言わないことが、いつも引き金になり、心が不安定になります。」

相手が、自分と正反対の価値観であろうと、はっきり言わなかろうと、心が不安定になってしまうのは、問題です。
嫌な気分になったり、イラッとしてしまったとしても、一時のことですむものです。
相手の言動で、心が不安定になってしまうのは、きちんと自分と相手との境界線ができていない、ということがあります。

こちら、関連記事。↓

「母親と仲良し」で、結婚できない40代女性

2017.01.19

ただ、性生活の不満から、心が不安定になることもありますので、生育過程から満たされないものがあるのか、性生活の不満からきているのか、見極めてみてください。

まずは、自分を癒やしていく

「癒されていない寂しさ、劣等感……、色々あります。
旦那ではなく、未熟過ぎる自分を認めて、進みたいと思います。」

これが、性生活の不満からではなく、生育過程からくるものなら、ご自分を癒やしていくことが大切です。

旦那さんは、孤独な人ということで、やはり何か問題を抱えているのかもしれません。
たいていは、自分と同じような人を引き寄せますので、同じような問題を抱えていることが、多いです。
けれど、生育過程からくる寂しさ、劣等感があるのなら、まずは、奈央さんご自身です。

奈央さんご自身の、「本音のままでは受け入れられない」、「自分の境界線がない」、ここを癒やしていきませんと、今のご主人と別れても、また同じ問題で悩むことになります。

おおもとの根本を解決しませんと、状況を変えても、表面的な問題が変わっても、同じレベルの問題に悩むことになります。

こちら、関連記事。↓

離婚、借金、人間関係のトラブル~あなたの本当の問題を、解決してみませんか?

2017.01.18

夫婦は1つのグループですので、互いに影響を受け合います。
奈央さんが変わっていくことで、旦那さんも変わっていきます。
けれど、もし、奈央さんが何度もしっかり伝えているのに、旦那さんが一向に変わらないのであれば、それは成長度合いがずれてしまっていますので、離婚されるのがいいでしょう。

「かわいそう」と思ってしまうのはとてもよくわかりますが、もし変わらないのであれば、「変わらない」選択をしたのは、旦那さんです。
人は誰でも、良いほうに変わることは可能なのですから、相手の人生の責任は、相手にあります。

ただ、最後に、この可能性も大いにありますので、ここは見落とさないようにしてください。

男性がストレスでEDになっていることもある

現代は、ストレス社会です。
不況で人員が整理され、労働が過酷になっていることも多いです。
旦那さんが、仕事でストレスが多い、疲れている。

これがないかどうかは、見てさしあげてください。
男性はプライドが高いですから、ストレートに聞くよりも、女性らしく察して、休ませながら、カウンセリングに行ってもらうなどへ、ゆっくりと誘導してみてください。

文章からですので、詳しいことはわかりませんが、なにか参考になれば幸いです。
奈央さんの人生が、少しでも良くなるよう、心から応援しています。

ライン@では、このように、ご夫婦のお悩み、恋愛の悩み、人生、起業の悩みが、無料でご相談いただけます。
回答は、ブログになります。
ID: @jwq8572c  で検索できます。@忘れずにね。
友だち追加

1対1で、根本から問題を解決したい方には、密着個別JUKUがお勧めです。
皆さん、問題の深さによっては、時間はかかりますが、人生が劇的に変わられています。
ライトなコース、単発コンサルもあります。
自分に合うか、どのコースがいいのか、30分~1時間無料相談あります。
密着個別JUKUは、4月募集残1名。

こちら、起業準備の方、起業家におすすめです。↓o0480033813771661619

The following two tabs change content below.
WORDS c. Life Change アカデミー 学長。WORDS c. 出版 編集長。作家(山崎理恵/浅見理恵)。ラジオ放送(ランキング3位)。著書2冊がアマゾンランキング5冠1位、4冠3位となる。ビジネスコンサルタント・心理カウンセラー・コピーライター。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業成功経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら

2 件のコメント

  • みりえさん
    先日はありがとうございました。
    相談させて頂き大分気持ちの整理がついています。

    旦那さんとの長い付き合いの中で
    仕事や他の事に意識が行
    私が旦那さんとの関係ををしっかり見れていなかったのだと、自覚出来ました。

    気持ちを吐き出しスッキリしたら
    旦那さんも以前より全然成長していて
    努力をしていることに気がつきました。

    きっと私達が本当の夫婦になっていくのは
    これからなのかもしれません。

    焦らずじっくりと自分を見つめて
    行きます。

    ありがとうございました。

    • 達子さん、こちらではお返事遅くなりました< (_ _)>
      ライン@のほうでは、素敵な展開になり、本当に良かったです。

      人と人との関係は、「ほんとの想いを伝えること」から始まります。

      達子さんとご主人様との関係は、「本当の夫婦になっていく道」をしっかり歩まれていますね。
      そのまま歩まれていかれれば、だいじょうぶです。

      安心して、歩まれてくださいね。
      お役に立てたようで、よかったです。
      達子さんの人生が、より良くなりますよう、心から応援しています(*^_^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    WORDS c. Life Change アカデミー 学長。WORDS c. 出版 編集長。作家(山崎理恵/浅見理恵)。ラジオ放送(ランキング3位)。著書2冊がアマゾンランキング5冠1位、4冠3位となる。ビジネスコンサルタント・心理カウンセラー・コピーライター。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業成功経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら