10,000円以上が売れない記事、売れる記事

こんにちは、山﨑理恵、通称みりえです。

無料や3,000円までのモニター、お茶会は申し込みが入るのに、
10,000円以上の商品が売れません。

コンサルでは、このようなご相談が、とても多いです。

なぜ、10,000円以上のサービスが
売れないのか?

1,いつまでも、3,000円のサービス

起業準備段階~初期には、もちろん無料でやったり、
モニターでやったり、3,000円くらいの商品、
サービスを売ることは、とても大切です。

ビジネスは、お客様を知ることから始まり、お客様を知ることで
終わる、といっても、過言ではありません。

ですから、準備段階や初期では、とにかく無料でいいので、
実際にお客様に接していくことが、大切なんですね。

bff7a6426b61c133a1495a0c00163829_s

ところが、1年たっても、1年半たっても、同じ状態のまま、
ということが、フェイスブックやアメブロには、とても多いのです。

形ばかりは、高額商品、サービスがあっても、1つも売れていません。
売れているように見せていても、ほとんど売れていません。
売れるのは、3,000円のものばかりです。

それも、たまに、という方が、たくさんいます。
3,000円ですと、月20万になるには、
66.66・・人に買っていただかないと、いけないのです。

材料費や交通費、お茶代をひくと、月に20万の利益を出すには、
80人、90人くらいの方に買っていただかないと、いけません。

これだと、ビジネスになりませんね?

7f95b9957e6ac1819774a91895a2f0bd_s

2,10,000円以上のサービスが売れない
原因は、記事の書き方にある

どうして、10、000円以上のサービスが、売れないんでしょう?

それには、原因があります。

まず、10,000円以上の商品が売れない記事を、誰でもない
あなた自身が、書いてしまっているのです。

みりえ
あなたの「気づき」、「悩み」を書いてしまっていますよ。

これ、皆さん、やられてしまっています。

これをやると、特に、コンサル、カウンセラー系の方は、致命的です。
ご自分が悩みのコンサル、カウンセラーをやられているのに、

自分を許していいんだと、気づきました。

とか

夫の言動の意味に、気がつきました~。

どうですか?
もしあなたが、買う立場だったら。

「ええ~っ!? 今頃ですか? コンサル、カウンセラーされてますよね?」

9e2ec389408a944b549eb226c26b81b2_s

「残念~」
と、思ってしまいませんか?

ずっと昔の悩みを、今解決した状態で、それを分析し、
「皆さんの参考に、されてくださいね」
というスタンスで出す場合は、もちろんいいのです。

自分のことを、たんなる素材として出しているだけですから。
経験値として、プラスに働きます。

これが、アクセサリー作家さんなどですと、コンサル、カウンセラーさんより
ダメージはありませんが、こういう記事がたくさんありますと、
読むほうとしましては、どうでしょう?

3,こんな方の、高額サービスは欲しくない

.
いつも悩んだり気づいたりしている方より、
ご自分の軸を持って道を歩かれている方が創るアクセサリーのほうが、
なにかいい念、いいエネルギー、純粋なパワーが入っている
ような気がしませんか?
 .
0ee12252e8b815201b9330c6dc5d34f3_s
 .
私なら、軸がなさそうな方が創るアクセサリーは、
1,500円程度でしたら買いますが、
10,000円以上のアクセサリーは、買おうとは思いません。
 .
.
もちろん、悩みはあって当然です。
ですが、アーティストでしたら、気軽に「気づきました~」と、
いつも書かないはずです。
たまには、いいと思います。
 .
ですが、アーティストでしたら、作品で昇華するもの。
 .
3df80232f69ef64efc048d02ae6f3e88_s
 .
10,000円以上のアクセサリーは、私が個人から
買うとしましたら、アーティストとしてプロ性が感じられないと、
買おうと思いません。
 .
.
これは、コンサル、カウンセラーさん、アクセサリー作家さんだけではありません。
.

人は、何かに一生懸命エネルギーを注いでいる時には、
どうでもいいことで悩みません。

いらない物、いらない人間関係に囲まれていると、人は集中力がわきません。
そういう人は、「いつも何かに悩み、いつも何かに気づく」、
という、悩み気づきごっこをしていたりします。

人ですから、悩むのは当然ですし、気づきは大切です。
本当に解決した状態で、分析して皆さんのお役に、と書くのはプラスになります。

問題なのは、いらない物、いらない人間関係に囲まれ、
いつも「いらない悩みを抱え、それに気づき」、
を繰り返していることです。

そして、それを、フェイスブックやブログに書いていることです。

4,共感は大切だけれど、友達になってしまっては、
高額サービスは売れません

%e6%9c%80%e8%bf%91%e3%81%ae%e6%9b%b4%e6%96%b033

ビジネスで、共感されることは、とても大切です。
こういう悩み、気づきを書くと、共感され、いいねの数は多くなるでしょう。
コメントも入るでしょう。

ですが、その共感は、

同じ~。わかる~。私もそう。

という共感です。

親近感がわきます。

会って、お話したい。

無料から3,000円までのモニター、お茶会は、お申し込みが入ります。

ですが、そういう人から、プロとして何かを教えてもらおう。
プロとして、すばらしい作品を買おう。

残念ながら、そうつながらないのです。

あなたも、そうではありませんか?

自分と同じようにいつも悩み、自分と同じように気づいている人から、
20,000円以上払って、コンサルしてもらおうと、思うでしょうか?

自分と同じようにいつも悩み、自分と同じように気づいている人から、
10,000円以上のアクセサリーを、買おうと思うでしょうか?

私は買いません。

もう一度言いますが、
人は何かに一生懸命、エネルギーを注いでいる時には、
どうでもいいことで悩みません。

逆に言えば、どうでもいいことでいつも悩んでいる方は、
そのお仕事に、エネルギーを一心に注いでいない、

ともいえるんですね。

3,000円までの商品しか売れないことが、悪いことではありません。
数で売っていく商法もありますし、
「そういうビジネスが好き」、
ちょっとしたおこずかいが稼げればいい、

であれば、それでまったくいいのです。

けれど、もしあなたが、ビジネスを本当にやりたいのなら、
高額サービスが売れる(あるいは、毎月リピートされる)
ようにならなければなりません。

友達になってしまっては、いけないのです。
こちら、関連記事。↓

友達は、1番の敵

2016.10.25

高額サービスが売れる記事とは?

あなたが、悩んでいる時、望みをかなえたい時、
一生懸命貯めたお金を、払いたくなるのは、誰でしょう?

悩みを解決してくれる専門家。
望みをかなえてくれる専門家、ですね。

その通りです。

とすれば、そう見える記事を、書かなければならない、ということとですね。
そして、たくさんいる専門家のなかから選んでもらうには、
「あなたらしい」世界が築きあげられていると、
とても強い、ということです。

78ecfb7b8a6fcc4de20dcce24ccc87fa_s

記事をしっかり書けば、1つの記事が、お客様を連れてきてくれます。↓

1つの記事が、お客様をつれてくる~渾身の記事を書く

2016.11.05

こちらも関連記事。↓

あなたのサービス料金は、専門家としての力量と○○に比例します

2016.10.01

仕組み作りも大切です。↓

なぜ、ネット集客だけで、50万の高額サービスが次ぎつぎと申しこまれるのか?

2016.09.29

コピーライティングは、お客様のリサーチが大切です。
起業される方、副業の方にお勧め。クリックしてね。↓

密着個別JUKU(1対1)は、3月募集埋まりました。4月生募集。
コース、単発は、いつでも受け付けています。

無料相談は、こちらから。↓
ライン@では、人生、ビジネス、無料で1回ご相談いただけます。回答はブログになります。
ID: @jwq8572c  で検索できます。@忘れずにね。
友だち追加

The following two tabs change content below.
作家(別ペンネーム)。起業・人生の悩みを解決するコンサルタント。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

作家(別ペンネーム)。起業・人生の悩みを解決するコンサルタント。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら