「こんなはずじゃなかった」~子育てにのめり込んだ結果

こんにちは、作家、ビジネス・心理コンサルタントの山崎理恵、通称みりえです。

子育てのご相談も多いのですが、「子どもたちのために」と本人は思っていても、子どもたちからすると、「ただ重い」、ということがあります。

ちょっと小説風に書いてみました。
架空の人物です。

「こんなはずじゃなかった」みさこのケース~子育てにのめり込んだ結果

ひきこもりの子ども

みさこ
重い。脚が、重い

みさこは、階段を上るのが、つらかった。
我が家の階段なのに。
見慣れた階段は、あちこち傷だらけだった。ワックスも、はげている。真っ白だった壁は、古い写真のように、黄ばんでいる。
25年前に建てた時は、これから素晴らしい人生が始まるのだと思っていた。

重い脚をひきずるように上げ、ようやく階段を上りきった。
みさこは、すうっと息を吸った。「明るい声で」、みさえは、
心の中で2回となえた。そう、「明るい声で」。

みさこ
まさと、ごはんよ。今日は、ドアを開けてくれないかしら?

返事がない。
ドアの中からは、いつものゲーム音が鳴り響いている。

みさこ
まさと、お願い、今日は、ドアを開けてちょうだい。ごみも、いっぱいでしょう? まさと
まさと
うっせー! くそばばあ! ごはん置いて、さっさと失せろ!
みさこ
だけど、洗濯物もたまってるでしょう? また虫がわいちゃうわよ

ドンッ!
何かが、ドアに投げつけられた。
みさこは、ふうっとため息をつき、ごはんがのった盆を、ドアの外に置いた。
いったい、いつまでこんなことが続くんだろう。

責める姑

下に降りていくと、廊下で姑に出会った。

いったいまさとは、いつになったら働くんだい。もう30じゃないか。あんたが甘やかすから、こういうことになるんだ。みっともなくて、誰にも言えないよ

みさこは、言い続ける姑を振り切り、台所に急ぐ。

ちょっとあんた、聞いてるのかい?

姑が、台所にまでやってくる。
まさとみたいに、「うっせー!」と言えたら、どんなに楽だろう。
私は、姑も舅も大嫌いだ。でもそれを態度に出せばけんかになるから、いつも受け流してきた。
夫に言っても、なんの改善にもならない。
機嫌が悪くなるばかりだ。

子どもだけが生きがい

私にはもうずっと、子どもだけが、生きがいだった。
子ども達を大きな家に住ませたかったから、姑たちとの二世帯住宅を作るのに同意した。
夫の給料だけでは、庭付きの家は無理だった。

二世帯といっても、姑たちが年をとるにつれ、いつのまにか一世帯の生活になっていた。
いや、二世帯の時から、毎日、あれやこれや言われる生活だった。
そんな毎日で、子どもたちの成長だけが、生きがいだった。
幼稚園の頃から、まさとも夏美も、幼児教室に通わせた。ピアノ教室にも通わせた。
水泳にもかよわせた。

送り迎えも、お金も大変だった。
でも、子ども達をりっぱに育てることが、私の生きがいだったから、がんばれるだけがんばった。
パートにも出た。
古いおばさんにいじわるされたこともあったけれど、それも、子ども達のためだと思って、がまんした。

いったい、何がいけなかったんだろう

肩を、どんと押された。
姑だった。

ちょっとあんた、聞いてるのかい? 夏美はもう2日も帰ってないじゃないか。ちゃんと、アルバイトには行ってるんだろうね。
まったく、あんたが育てた子は、どの子もしょうがないじゃないか
みさこ
……うるさい
え? なんだって? はっきり言わないと、わかんないじゃないか。
ぐじぐじしてるから、子ども達がああなるんだよ

まさとは、県で1番の高校に入った。自慢だった。高い塾に通わせた。やりたいと言えば、高い家庭教師もつけた。
いい大学に入れると、家の誰もが期待していた。
なのに、実際には、1年浪人したうえで、並の大学に入った。
卒業の時に、就職できなかった。

あれから、8年、家にずっとこもっている。

フリーターで、家に帰ってこない子ども

夏美は夏美で、専門学校を卒業して、やはり就職できなかった。
アルバイトで稼いでいるものの、家に帰ってこないことが多い。この3日、連絡がとれない。
どこにいるのかも、わからない。

夏美は、そんなに勉強ができなかったから、いいお嫁さんになればいいと思っていた。
でもあれで、まともな人と結婚できるんだろうか。
まさとの気持ちも、夏美の気持ちも、もう何もわからない。
小さな頃から、あの子たちのためだけに、生きてきたのに。

いったい、何が悪かったんだろう。

ちょっとあんた、聞いてるのかい? ばかにしてんじゃないよ
みさこ
あ、ちょっと、出かけてきます

若いママ達に、子育ての無料相談

逃げるように、家を出た。
今日は、ママネットワークお茶会だ。
若い人たちは子育てがわかっていないから、無料で教えてあげている。
誰も来ない日もあるし、1人の時もある。今日は、何人来るだろうか。

ファミレスで待っていると、赤ちゃんを手前でおんぶした、若いお母さんがやってくる。
あの子は、3回目だ。赤ちゃんを手前でおんぶしていると、目の前が見えなくて危ないのに。
この前、言ってあげたのに、改善していない。

若い主婦
みんなが仕事したりいろんなことしてると、焦っちゃって
みさこ
焦る必要はないわよ。子育てほど、すばらしいものは、ないんだから
若い主婦
みさこさんのお子さんって、ご長男さんは、ITで起業してるんですよね。すごいですよね
みさこ
私はよくわからないんだけど、今は、いろんな働き方があるのよね
若い主婦
娘さんは、アーティストさんなんですよね。すごいなあ。この子も、そうなるかなあ
みさこ
子育てを第1に考えていれば、子どもは、りっぱに育つわよ

涙があふれる

帰り道、橋を渡っていると、突然、涙があふれてきた。

みさこ
なに……やってるんだろう。
こんなはずじゃ……なかったのに

子ども達は、りっぱに育つはずだったのに。
私は、自分でやりたいこともおさえて、子ども達のことを、いつも第1に考えていたのに。

帰りたくない、と思った。
帰っても、家にいるのは、口うるさい姑と舅。
ほとんど話さない夫。
部屋に閉じこもっている長男。

長男が、ITで起業しているだなんて、嘘。
娘がアーティストだなんて、嘘。

夕日が、なんて赤いんだろう。
このまま、ずっと橋の上にいたい。
あの若い主婦は、私のことを、すごい子ども達を育てた、りっぱな主婦だと思っている。
でも家に帰れば、現実が待っている。

私が生きたかった人生は、これだったんだろうか。
新しい家で、夢見ていた未来は、これだったんだろうか。

みさこは、橋のてすりをぎゅっとにぎりしめた。
夕日は、世界を真っ赤に染めていた。

 

嫁姑のご相談、婚活のご相談も多いです。回答はブログになります。
ライン@では、無料でご相談いただけます。
ID: @jwq8572c で検索できます。@忘れずにね。
友だち追加

1対1で、根本から問題を解決したい方には、密着個別JUKUがお勧めです。
皆さん、問題の深さによっては、時間はかかりますが、人生が劇的に変わられています。
ライトなコース、単発コンサルもあります。
自分に合うか、どのコースがいいのか、30分~1時間無料相談あります。
密着個別JUKUは、2月募集埋まりました。
人生が劇的に変わる、作家のアルケミィコンサル

↓起業されている方、副業したい方にお勧めです。o0480033813771661619

The following two tabs change content below.
作家(別ペンネーム)。起業・人生の悩みを解決するコンサルタント。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

作家(別ペンネーム)。起業・人生の悩みを解決するコンサルタント。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら