あなたを小さな殻に閉じ込めているのは、あなたです~40代、50代の可能性

こんにちは、作家、ビジネス・心理コンサルタントの山崎理恵、通称みりえです。

2017年になって、もう半月が過ぎましたね。
皆さん、新しい年は、いかがですか?

私は、また新たな勉強をし始めました。
日々、挑戦挑戦、ですね。

で、新しく来てくださるクライアントさんたちを見ていると、もったいないなあ、と思うんですよね。
皆さん、自分を枠に閉じこめています。

自分を小さな殻に閉じ込めているのは、常識でもなんでもないんですよね。
自分自身なんです。

あなたを小さな殻に閉じ込めているのは、あなたです~40代、50代の可能性

1,自分の「できるところ」より、「できないところ」に目がいっている

私のコンサルでは、子どもの頃からこれまで、「うまくできたこと」「うまくいってしまったこと」を書き出して、提出してもらっています。
これを書いてもらって質疑応答していくと、その人の強みだけではなく、性質、生育過程、考え方が、よくわかります。

人は、子どもの頃、いろんなことができました。
いろんなことに、興味を持っていました。

それが、家や学校で、いろいろ言われてしまうことで、制限されていきます。
たくさんうまくできたことが多いのに、いつのまにか、それを忘れてしまっています。

あるいは、

こんなことしか、できていない。

と思っています。

できていることより、できないことに、目がいってしまうことが、本当に多いのです。

2,学校の成績がいいことと、いろんな能力があることは、別

学校の成績というのは、誰もが、その人の能力を表す正しい基準だと、思いこんでいます。
けれど、学校のテストというのは、ある一方的なテストでしかなく、それにうまく対応できるタイプと、できないタイプがあります。

論理的なタイプで、言葉にすることが強いタイプは、学校のテストに、うまく対応できます。
けれど、直感的で、イメージ力がありすぎて、うまく言葉にできないタイプがいます。

こういうタイプは、学校のテストには、うまく対処できないことが多いのです。
簡単にいえば、左脳タイプは学校のテストに強く、右脳タイプは弱い、という感じでしょうか。

私は左脳、右脳、両刀遣いですので、学校のテストもうまくこなせるタイプです。
で、右脳タイプでもあるので、「うまく表せない」というのも、よくわかります。

耳で聞いて、ぱっとわかって、わかっているんだけど、それを論理的にうまく表現できない、ということは、けっこうあるんですね。

3,現実社会は学校のテストではないので、勉強ができなかった人が、ビジネスで成功することがある

現実社会は、学校のテストのように、単純ではありません。
1+1は、2ではありません。

だから、学校のテストがよくできた人が、社会でうまくいかない、なんていうことも起こります。
学校のテストがまるでできなかったのに、自分で起業すると、感覚ですいすい波に乗ったようにうまくいく、という人も多いです。

子育てなんかも、感覚のほうが大切だったりするので、学校のテストがうまくできた人が、子育てでつまずく、なんていうことは、よくあります。
子どもは、1+1は2、なんていうようには、いきませんから。

4,おとなしく座っていられなかった子が、がんがん動いて、ビジネスを成功させることも

基本、学校では、おとなしく座っていることが、要求されます。
エネルギーの多い子は、じっとしてられなくて、それで多動とか言われたりしますが、社会に出てみると、そのエネルギーの多さで、成功してしまうことも多いです。

こんなふうに、何がどうなるかなんて、本当のところは、わかりません。

けれど、子どもの頃に、あまりにも、「できない子」扱いされてしまうと、自分でそういうものだと、自分を殻に閉じ込めてしまうことが、あります。

学校のテストができる兄弟がいたりすると、よけいに、「できない子」という烙印を、自分に押してしまいます。
親が、学校のテストができるタイプだったりしても、同じことが起こります。

40代、50代になってからでも、殻は破れる

1,あなたは、本当に、それしかできないの?

できないことが、悪いことではありません。
けれど、自分でできないことにしてしまっていることが、いかに多いか。

それは、もったいないと、思うんですよね。
せっかく、生まれてきたのに。
本当は、いろんな可能性があるのに。

私も、自分を殻に閉じこめていた、と、今になっては思います。

元夫と出会った時、元夫は、言葉を自在に操っていました。
私は、今でも、元夫の書いた詩は、谷川俊太郎さんの詩より好きです。

で、私は当時、まともに文が書けませんでした。
2人の間の力関係は、ずっとそのままで、「私は文がうまく書けない」、と思いこまされてきたところが、あります。

結婚していた時、「ブログを書く」と言った時に、元夫に、
「ブログなんか書いたら、いろんな批判がきた時に、対処できないからやめたほうがいい」
と言われて、やめてしまったことがあります。

私はいろんなことができたのに、古い地域や元姑に、「そんなことはできない」、と思いこまされてきたところが、あります。

地域で、心理コンサルの募集をした時に、元姑に「恥ずかしい」と言われましたが、私はやめませんでした。
でもどこか、ストップがかかっていたように思います。

で、それは、全部、本当のところは、思いこまされてきたのではなく、自分が思いこんできたこと、なんですよね。

2,殻をはずせば、まだまだいろんなことができることに気がつく

強制的に、環境を変え、自分でなんとかせざるを得ない場に自分を置くことで(それまでも、まあ、自分で学習塾を経営してはいたのですが)、はずれました。

パコっと。

自分を閉じ込めていた、殻が。

パコっと。

殻をはずすと、ほんとに、気がつきます。
まだまだ、いろんなことができる、と。

いろんなことができるし、どこにでも行けます。

あ、魔法のようにできるわけじゃありません。
コツコツと、地道な努力が必要です。

けれど、殻のなかに自分を閉じこめていると、はなから、努力しようとしないんですよね。
「できない」と思っているから。

でも、本当は、まだまだいろんなことができるんです。
あなたも、そうです。

あなたが、40代、50代、60代であっても、あなたは、いろんなことが、まだまだ、できるんです。
誰かが、あなたに「できない」と言ったかもしれません。

けれど、その「できない」を、あなたがずっと採用し続けることは、まったくないんです。
大人のあなたは、あなた自身で、いつでも選択できるんです。

殻を破るのか、殻に閉じこもっているのか。
いつだって、決めるのは、あなた自身です。

こちら、関連記事。↓

自分に呪いをかけないで~「逃げるは恥だが役に立つ」最終回

2016.12.21

2017年、殻を破って、自分の可能性にチャレンジしてみませんか?
迷っているうちに、人生が終わってしまうなんて、嫌ですよね。

1番人気の密着個別JUKUは、4月募集1名のみ。
コース、単発は、いつでも受け付けています。自分に合うか、どのコースがいいのか、
30分~1時間無料相談あります。
【自由に生きよう! 起業・人生密着個別JUKU】

心の根本から見ていき、愛、家族問題、心の問題(アダルトチルドレンなど)を解決します。↓

ライン@では、人生、起業の悩みを、無料でご相談いただけます。
回答は、ブログになります。
ID: @jwq8572c  で検索できます。@忘れずにね。
友だち追加

こちら、起業準備の方、起業家におすすめです。↓
o0480033813771661619

The following two tabs change content below.
作家(別ペンネーム)。起業・人生の悩みを解決するコンサルタント。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

作家(別ペンネーム)。起業・人生の悩みを解決するコンサルタント。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら