怒りをごまかしていると、自己肯定感が下がります

こんばんは、山崎理恵、通称みりえです。

よく、こんなことを言っている人がいます。
「私って、心が広いから、なんでも許せちゃう」

たいてい、声高に言う人というのは、
「見て見て、私って、すごいでしょ」と言っているだけです。

こういう人の言葉は、百害あって一利なしです。

女性はもともと、「みんなで仲良く」、を良しとしやすいものです。
そんななか、こういうことを声高に言う人がいると、ますます、
「みんなで仲良く」の空気が濃くなってしまいます。

そして何が起こるのかと言えば、嫌なことをされて、本当は怒るべきところなのに、

「あの人は、私のために言ってくれたんだわ」とか、
「以前、よくしてくれたから」
などと、怒りの感情をごまかしていきます。

怒ることによって、和を乱すことを恐れるのです。
そのコミュニティからはずれることを、恐れるのです。
「怒らず、仲良くすることは、いいことでしょう?」
確かに、表面的にはいいことのように思えます。

けれど、嫌なことをされているのに、それをごまかしていると、
感情が鈍くなってきます。

叩かれているのに、なでられている、と解釈していたとしたら、
それは、痛さを感じないよう、感じないようにしていることです。
感覚も感情も、鈍くなっていきます。

むやみやたらに、怒る必要はありません。
自分で怒りを増長させるのは、愚かなことです。
けれど、感じるべき怒りをごまかしていることもまた、愚かなことなのです。

叩かれているのに、怒りをごまかしているとしたら、
あなたは自分のことを、「叩かれてもいい人」と認識していることになります。
ごまかしても、無意識は知っています。

あなたの自己肯定感は、低くなります。
何か問題が起きれば、「私が悪いから」
そんなふうに思ってします。
しまいには、足を踏まれても、「ごめんなさい」と言うマインドになってしまいます。

怒りをごまかしていれば、表面的には、「みんなで仲良く」できるでしょう。
けれど、あなたはそれで、ほんとに仲良くしているでしょうか?

「みんなで仲良く」というのは、1人だけ我慢して得るものではありません。
自分が楽しくて、まわりも楽しかったら、結果として、「みんなで仲良く」できる、
ということです。


自分が楽しい、が先です。
何も、わがままし放題にしなさい、ということではありません。
あなたが楽しくて、そして、まわりも楽しい。
そんな場が、あるはずです。
今、そうではないのなら、無理してその場にとどまることはありません。

叩かれたら、怒りましょう。
足を踏まれたら、怒りましょう。
怒るのが苦手だったら、せめて笑うのをやめましょう。
痛い、という顔をしましょう。

そうして、なお叩いてくるのなら、足を踏んでくるのなら、
その場を立ち去るべきです。

 

「私って、心が広いから、なんでも許せちゃう」
そんなことを言っている人は、スルーしましょう。
その人を、よく見てごらんなさい。
心に澱がたまって、むくんだり、しょっちゅう具合が悪くなっていたりします。
「何か嫌」

そういう感覚を、ごまかさないことです。
あなたの心の小さな声を、しっかり聴いてあげてください。
それが、あなたが、あなたを大切にするということです。

親であっても、「何か嫌」
友だちであっても、「何か嫌」
パートナーであっても、「何か嫌」
子どもであっても、「何か嫌」
恩のある人でも、「何か嫌」

あなたが、あなたの心に寄りそってあげましょう。
それが、自分を大切にする、ということです。

「怒ってはいけない」
「みんなで仲良く」

そんな、まことしやかな正しさで、あなたの心を、ないがしろにしないでください。
やる気がでない、どこか体調がすぐれない。
そんなあなたは、あなたの怒りを、ごまかしているのかもしれません。
自分の心を、みつめてみてください。

みつめた結果、
怒りがわいてきてしまったら、表現しましょう。
仲良くしたい相手なら、相手に言ってみましょう。

そうでない相手なら、言うことを言って、場を去ってもいいです。
言えなければ、ただ去ればいいです。

その時、カラオケ店で叫ぶとか、電話帳を破りまくるとか、
部屋で1人パンチしまくるとか、怒りを表して発散しましょう。

怒りは、あなたを大切にするための、重要なサインです。
ごまかさずに、しっかりキャッチして、表現してあげることが大切です。

ライン@、よろしかったらどうぞ。無料でご相談できます。回答は、ブログになります。
ID: @jw 8572c  で検索できます。@忘れずにね。
友だち追加

1対1で、根本から問題を解決したい方には、密着個別JUKUがお勧めです。
皆さん、問題の深さによっては、時間はかかりますが、人生が劇的に変わられています。
ライトなコース、単発コンサルもあります。
自分に合うか、どのコースがいいのか、30分~1時間無料相談あります。

↓起業されている方、副業したい方にお勧めです。o0480033813771661619

The following two tabs change content below.
WORDS c. Life Change アカデミー 学長。WORDS c. 出版 編集長。作家(山崎理恵/浅見理恵)。ラジオ放送(ランキング3位)。著書2冊がアマゾンランキング5冠1位、4冠3位となる。ビジネスコンサルタント・心理カウンセラー・コピーライター。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業成功経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

WORDS c. Life Change アカデミー 学長。WORDS c. 出版 編集長。作家(山崎理恵/浅見理恵)。ラジオ放送(ランキング3位)。著書2冊がアマゾンランキング5冠1位、4冠3位となる。ビジネスコンサルタント・心理カウンセラー・コピーライター。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業成功経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら