何を表現していくのか、編集していくのか~鈴木七沖さん講師編集術忘年会

こんにちは、山﨑理恵、通称みりえです。

17日(土)は、いいお天気でしたね。
晴天のなか、車窓から海を見ながら、舞浜へ。

ディズニーランドの入り口手前まで、行ってきました。

ここまでくると、いつも、ディズニーランドに
行きたくなっちゃうんですけれどね。

そこからバスに乗って行ったのは、
編集術の忘年会。

2月と5月に、サンマーク出版の編集長をされている、
鈴木七沖さんの編集術に参加しました。
その忘年会です。

七沖さんのイベントで、何度もお会いする皆さん。

七沖さんのお話は、毎回、思考の整理と発展のヒントにつながり、
勉強させていただいています。

何を表現していくのか、編集していくのか

1,自分が表現しているものが何か

今私は、ブログやフェイスブックで発信していますが、
ビジネスのために使っています。

編集術を最初に受けた2月の時点では、
発信の仕方にかなりのブレがありました。

本を出したり、表現をしたいと思っているものの、
昔から、思っていることを言っても、まわりに理解されない、
ということがあり、本心は言わない、
というブレーキが、どこかかかっていました。

なるべく、本音は書こうとしていましたけれど。

ブログやフェイスブックを、ビジネスに使っていることもあり、
まわりに合わせようとしているところがありました。

2月に編集術を受けたのをきっかけに、発信の仕方を
とても意識するようになりました。

2,クライアントさんたちのお悩みを、
なんとか解決したい

今は、来てくださっているクライアントさんたちに
向き合うなかで、

みりえ
クライアントさんが入り込んでしまっている問題を、
どうすれば解きほぐし、良いほうへ導けるか

を考えているうちに、勝手に何を書くかが決まっていくので、
それを書いています。

ビジネスのためのブログですが、
自分の内側とずれていることは、書かないようにしようと思っています。

3,集客を第一に考えていた時よりも、
クライアントさんたちをどう導けるかを
考えているほうが、お申し込みが入る

あたりまえと言えばあたりまえなのですが、
集客を第一に考えていた時よりも、
クライアントさんたちをどう導けるかを
考えているほうが、お申し込みが入ります。

目の前で苦しんでいるクライアントさんたちのために
記事を書いていくことで、
新たなお申し込みをいただいています。

人は、基本的に善良なものだと思います。
ただそれを、素直に出していけばいい。
そうすると、自然にビジネスもうまく回っていく。

そう実感しています。

4,来年の抱負

来年の抱負としては、ビジネスとは関係ないところで、
もう少し表現をしていきたいと思っています。

今という時を、身体を持って生きていくなかで、
これを表現したい、
そう思ったものを、表現していけたらいいな、と。

七沖さんが、こうおっしゃっていたのが、心に残っています。

「自分が何をアウトプットしたのか?
それが、人々、世界にとって、どういう種になるのか?」

人が生きている、というのは、
世界と関わっている、ということ。

世界との関わりのなかで、
自分は何をアウトプットしていくのか?

世界から何を感じとって、
何をアウトプットしていくのか?

ということを、ビジネスとは関係ないところで、
少し考えていきたいな、と思っています。

私が惹かれる表現は、川端康成さんの『雪国』なんですよね。
高校生の頃は、良さがほとんどわかりませんでした。
若い頃は、『指輪物語』や『ゲド戦記』のような、
論理的な物語が好きでした。

『雪国』のあらすじって、なんじゃこれ、っていうお話ですからね。
けれど、描写の1つ1つから滲みでる、美しさと静けさ。

冒頭の、
「夜の底が白くなった」

これ、西洋の人は、意味がわからないと思います。
けれど、雪国では、確かに「夜の底が白い」んです。
色だけではない、静寂の世界。

簡潔な、普通の日本語で、このなんともいえない味わいをかもしだす。
この表現力。
しびれますよね。

川端さんの作品で、ここまでしびれるのは、『雪国』だけなんですが。

今年の締めとして、1つチャレンジもしてきました。

皆さんも、この時期、今年をふり返ったり、来年の抱負を、
考えてみてくださいね。

全体お写真、お借りしました。

ライン@では、恋愛の悩み、起業の悩みも、無料でご相談いただけます。
回答は、ブログになります。
ID: @jwq8572c  で検索できます。@忘れずにね。
友だち追加

密着個別JUKUが1番人気ですが、ライトなコースもあります。
自分に合うか、どのコースがいいのか、30分~1時間無料相談あります。
密着個別JUKUは、4月募集残1名。
心の根本から見ていき、愛、家族問題、心の問題(アダルトチルドレンなど)を解決します。↓

こちら、起業準備の方、起業家におすすめです。↓
o0480033813771661619

The following two tabs change content below.
WORDS c. Life Change アカデミー 学長。WORDS c. 出版 編集長。作家(山崎理恵/浅見理恵)。ラジオ放送(ランキング3位)。著書2冊がアマゾンランキング5冠1位、4冠3位となる。ビジネスコンサルタント・心理カウンセラー・コピーライター。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業成功経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

WORDS c. Life Change アカデミー 学長。WORDS c. 出版 編集長。作家(山崎理恵/浅見理恵)。ラジオ放送(ランキング3位)。著書2冊がアマゾンランキング5冠1位、4冠3位となる。ビジネスコンサルタント・心理カウンセラー・コピーライター。作家の感性・洞察力・創造力、3度の起業成功経験を生かして、クライアントさんの人生を劇的に変えています。2度の学習塾経営(合計12年)時代から、1,000人以上のコンサル実績。不良少年少女たちもやる気にさせる寄り添い方に、様々なカウンセリング、コンサル、起業塾を経た方たちが、駆け込み寺のようにこられています。詳しくは、こちら